カメラ

なぜかハンミョウ

違うんです。

本当は、黄昏トンボの写真を!と思っていたのです。

なぜか、撮影データが全部飛んでいたのです。

カメラにも保存されていないという...

で、過去作を漁っていたら雰囲気のよさげな写真があったので

データを見てみると、

フジのX-s1 で撮った写真ですね。このカメラ良かったです。

センサーの大きさは大事だと勉強した機種です。

写真は腕よりセンサーだ!!なー~んて。

ここから、センサーを追って1眼への扉が開くわけです。

あ~、また夕方出かけなくちゃ。

DSCF5855

待ちに待ったナイターなのだ!

おととし、去年、今年も先週と3年越しでお流れになっている

わたくしの所属する団体のナイター。

本日、めでたく開催されます。(夜中は雷雨でしたが)

もちろん、蛾がメインなのですが

わたくしの期待はミヤマッチです。

楽しみです。

IMG_2985

写真は2013年の8月になってました。

このころの機材は、EOS50Dにトキナー100mmマクロです。

誕生日プレゼントをいただいたので。

SDIM5941

少しずつ小分けに出していこうと思います。


南のお土産。

ナナホシキンカメムシさん。

いつもと違う、sigma dp2 merrill  で撮影。

30mm(換算45mm)で、当然寄れない。
ピンとも激薄なのでどこにあってるやら、パソコンに取り込むまで
わからない。

けど、すてきなカメラです。

普段のsx50の写真もそのうちね。

ナナキンさんは美しいです。
動き回るのと、接写出来ないのでこの1枚ですが
足からお腹から背中ももちろん、綺麗すぎます。

さぁ、sxで撮ってみよう(*^^)v

ゴイシシジミ

DSCF5931

20120610 X-S1

普通種のほうですね。
もう1つの、貴重種はまだ見に行ったこともありません。
ホストは近くに何箇所かあるんですけどね。

で、普通のゴイシさんは
笹にいます。
普通と言ってる割には、好きなシジミチョウです。
目立ちすぎですもんね。

FujiのX-S1
これもお気に入りでした。
センサーの大きさって、影響あるんだ!を勉強した機種です。
ムシ撮影においては、倍率が26倍だったので
ちょっと足りなかったですね。
コンデジのわりに、大きく重かったし。
でも、そのおかげで、1眼を探り出し始めたというのも
ありますけど。
ギャラリー
  • トーテムポール
  • トーテムポール
  • 次に黄昏たのは
  • 次に黄昏たのは
  • やっぱり♀でした。
  • やっぱり♀でした。
  • なぜかハンミョウ
  • 仕事中だったもので。
  • アサヒナカワトンボ