子供達の夏休みの宿題の準備のついでに立ち寄った松林に見慣れないキノコ?を発見。キノコ少年に
育ちつつある彼らがキノコだと言い張るので、写真を撮ってお持ち帰り。
念願のイカタケ!かと思いその場でお友達にメール。発生場所が違うようだ。
四角柱にクレバは2つ。ん?ツマミタケは、クレバが4か5ケのはず。
とりあえず、ポッドに入れておく。
次の日。

四角柱は見事に割れて、カニノツメ状態。ということは、まさしくキノコの
カニノツメ。クレバからも前日を遥かに超える香り。

まぁ、キノコ少年のおかげで珍しい物を見れました。

冬の間は、ムシが少ないので、次はロクショウグサレキンでも撮りに行こう!
なんせ、キノコは逃げ足がない。