キョウチクトウスズメ

DSCF3636

過去作を探してたら、時期的なのがありました。

キョウチクトウスズメ幼虫にニチニチソウです。

この個体は、県南でとってきたものを自宅のニチニチソウ
に放したものです。
その後の写真がないので、寄生されてたはず。
キョウチクトウスズメ幼虫は、かなりの確立で寄生されてますね。
綺麗な蛾であるので、なんか残念です。
県東ではあまり見られず、県西では今年も成虫が見られてます。
わたくし自身、県東で成虫を確認したのは、2013ですね。
今年も、幼虫すら見つけられません。

3年も前の写真って、下手ですよね。
で、今の写真を見返しても、やっぱり上達してない。
しかも老眼が進んでる。

ん~、でも、もう少し写真は上手くなりたいなぁ。


20121026 F300EXR

キタテハ

IMG_1674

フジバカマにキタテハの図。
わたくしは個人記録のための写真を撮ってますので
構図などはご勘弁を。
露出補正は撮影時に気をつけて撮りますが
子供を撮るわけではないので、真ん中にドーンです。
今後も、ムシの手持ち写真が出てきますが(むしろそっちの方が多い)
採集、標本を基本しませんので、同定用に手持ちします。
了解できてもらえたら幸いです。

フジバカマの繁殖力は凄い!
去年の2本が今年は、2M四方に広がってます。
チョウも、今年は何種類も飛んできて、念願のバタフライガーデンへの
第1歩です。
他に、スイゼンジナ、ブットレア、カラスザンショウなど。

キタテハは見かける度に、シータテハでは?と思ってしまいます。


2015 10 13  SX50  標高30m (自宅)

10月は

毎週のように、休みが潰れてしまう
そんな中、ちょいと所用のついでに足をのばした
東の県境

ムラサキツバメです。
よく見ると、ギョボクに止まってます!

ギョボクといえば、ツマベニチョウ
ここはよく観察される場所です。
成虫も幼虫も会えませんでしたが。

成虫は今夏にバッチリ撮れてますが、
幼虫は久しくみてないなぁ。

2015 10 18  SX50  標高 30m
今日は5本、樹を観察してみました。IMG_1700
ギャラリー
  • スナアカネ
  • 平べったいやつ。
  • 久々にライトしました。
  • カラスですね~
  • 水辺をまわって。
  • 水辺をまわって。
  • 水辺をまわって。
  • どこでもコフキヒメ
  • どこでもコフキヒメ